カルグルト いつ飲む

1日の中でいつ飲むのが一番効果的か?

お通じがなかなか来なくてつらい。肌荒れが気になる。そんな時には乳酸菌が良いと言われています。
毎日ヨーグルトを食べるのも一つの方法ですが、もっと効果的な方法があれば良いのにと思ったりしませんか。
カルグルトは5種類もの乳酸菌が入っている特許商品です。ヨーグルトや一般のサプリメントに含まれている乳酸菌は1?2種類なのを考えると、一度に5種類も摂取できるなんて画期的です。
乳酸菌は効果を発揮する対象が限られているので、1?2種類だけの乳酸菌だと小腸か一部の大腸にしか影響しません。ところが、カルグルトは5種類も含まれてため、十二指腸、小腸、大腸の全体に効果を発揮するのです。
しかもヨーグルトで乳酸菌を摂取するときには約400g以上を食べるのが理想的なのですが、カルグルトは1日にたった1包で「LFK乳酸菌・ガゼリ菌・ラブレ菌・ビフィズス菌ビースリーR・ラクリスR?S」を摂取できます。
ところで、カルグルトをいつ飲むのが良いのか決まっているのでしょうか。
カルグルトのような乳酸菌を摂るときには、いつ飲むのかということも大事ですが、何よりも「毎日続けること」が肝心です。
なぜなら、新たに体内に入った乳酸菌は、数日で体外に排出されてしまうからです。カルグルトに含まれる乳酸菌で、腸内環境や体調を改善しようと思ったら毎日新しく乳酸菌を体内に供給し続けることが必要なのです。
飲み忘れずに毎日続けるには、どうしたらよいのでしょうか?1日の生活リズムの中で、自分が毎日飲み続けられるタイミングで飲むようにしましょう。
例えば、起きてすぐに水を飲む習慣があるのなら、水を飲むついでにカルグルトを飲む。朝はせわしなくて飲み忘れやすいのなら、寝る前に。
腸内細菌のバランスに変化を起こすには、最低限2週間は飲み続ける必要があります。飲んだり飲まなかったりすると効果を発揮しづらくなりますので、いつ飲むのか決めておくと良いでしょう。
より乳酸菌の効果を高めたいなら、食後に飲むことをお勧めします。
なぜなら乳酸菌は「胃酸に弱い」という特徴がありますから、胃酸の濃度が濃い空腹時よりも濃度が薄まる食後の方が、乳酸菌を腸までしっかりと届けることができるのです。
カルグルトに含まれる乳酸菌は比較的熱や酸に強いのですが、より高い効果を得るためには胃酸の濃度が薄まる食後を心がけましょう。
それに加えて飲み忘れを防ぐためには、慌ただしい朝食後よりも落ち着いた時間を取りやすい夕食後がベストでしょう。

 

⇒ カルグルトについてもっと知りたければこちらへ!

 

 

関連ページ

カルグルト愛用者の口コミから見えてきて本当の効果
カルグルトの口コミが気になりませんか?カルグルトを愛用している人たちがどのような感想をもっているのか?じっくり紹介します。
愛用者の声を紹介します
カルグルトを愛用している人たちの声を紹介します。カルグルトの口コミから本当の効果を見つけてください。
カルグルトはカンジダ予防に効くワケ!
カルグルトはカンジダ予防に効果があるのでしょうか?カルグルトとカンジダ予防の関係性について解説します。
過敏性腸症候群を解消することへの効果について
カルグルトは過敏性腸症候群の解消にこうかがあるのでしょうか?過敏性腸症候群について解説しカルグルトによる改善の可能性について説明します。
副作用の可能性について
カルグルトを飲むことによる副作用はあるのでしょうか?カルグルトと副作用の関係について乳酸菌の特性も考えながらお伝えします。

 
TOP SHOP 商品